鉄分

HOME > 鉄分が不足すると起こりやすい疾患

鉄分が不足すると起こりやすい疾患

鉄分が不足すると起こりやすい疾患と言えば、氷食症があります。これは特異な病気で、無性に氷が食べたくなるというものです。鉄分は血液の素になる栄養素なので、重要な役目を持っています。鉄分が不足すると様々な不調が現れてきます。鉄分不足になると、ただの氷を口にしたくなるという症状が出てきます。これは鉄分が不足することで、脳に十分な酸素がいきわたらなくなり、結果、体温調節がうまく出来なくなることに起因しています。つい氷をバリバリ食べてしまう人は、氷食症の可能性があります。冷え性も鉄分が不足すると起こりやすい疾患で、鉄分が不足すると酸素不足になって、冷えを招くことになります。手足の末端にある毛細血管に酸素が運ばれなくなると体が冷えます。鉄分不足になると、細胞も酸素不足になるので、疲れも蓄積されます。鉄分が不足することで、皮膚にカビが生えるという恐ろしい疾患も起こります。血液中の白血球の数が減少するからです。白血球が少なくなること病気にかかりやすくなり、皮膚にいる常在菌のバランスが崩れて、皮膚にカビが生えてしまうのです。

    貧血補給サプリ

PAGE TOP